ベルブランの赤み・シミ・クレーターへの効果とは?

ベルブランはニキビが治った跡の本格ケア美容液として口コミでも人気となっています。

そんなベルブランですが、赤み(赤ニキビ)やシミ(色素沈着)やクレーター、それぞれどのような効果をもたらすのか?本当に効果があるのか?といった事を紹介していきたいと思います。

赤み(赤ニキビ)への効果

一般的に赤みと呼ばれる赤ニキビは、ニキビの症状の中で一番初期のニキビ跡です。赤ニキビは軽い傷ですので、ほっておいてもターンオーバーによって自然と治るものなのですが、炎症によって肌が傷ついてしまった場合、正常にターンオーバーが行われなくなってしまいます。そして赤ニキビ跡というものが出来るわけです。

ですので赤ニキビ跡を治すためには、肌の内部に保湿成分や美白成分を浸透させ、ターンオーバーを正常にする必要があります。炎症を抑えることによって赤ニキビ跡は薄くなって治ります。

ベルブランではグリチルリチン酸2Kといった抗炎症成分が赤ニキビ後に効果的です

シミ(色素沈着)への効果

肌のシミ(色素沈着)はニキビの症状の中では中レベルの症状で、跡が出来てから時間がたってしまいシミ(色素沈着)となってしまった状態です。

シミはニキビによる炎症は収まっていますが、ターンオーバーが正常に行われずにシミが残ってしまっています。シミが出来てしまった為、赤ニキビよりは治るのが時間がかかってしまいますが、ターンオーバーを正常に戻すことでシミ(色素沈着)跡も改善されるでしょう。

シミの原因となるメラニンの活性化を抑える必要があるため、ベルブランではメラニンの働きを抑制するトラネキサム酸が配合されています。よって、ベルブランはシミ(色素沈着)にも効果的でしょう。

クレーターへの効果

クレーターはニキビ跡の中でも一番深刻な症状です。シミや赤ニキビとは違い肌表面の下の真皮まで炎症してしまい、傷ついてしまっている状態です。怪我をしているといっても過言ではありません。そして皮膚が傷ついているため治るまで時間がかかってしまいます。もちろんクレーターの深さによっても治る期間が変わってきます。

ベルブランではクレーターに効果的なコラーゲンが配合されています。コラーゲンはクレーターの凹んだ部分にふくらみをもたせることが可能です。また、保湿成分も多く配合していることにより、滑らかな肌にすることが出来るでしょう。

しかし、完全に治すことが出来るといったわけではなく、あくまでも目立たなくさせることが出来ると捉えてください。

クレーターはたとえ病院で治そうと思っても失敗する可能性があるのです。

 まとめ

  • 赤ニキビ跡
  • シミ
  • クレーター

など症状によって治るまでの期間は異なりますが、しっかりと継続してベルブランを使用することで、ニキビ跡を目立たなく改善出来ます。