ベルブランの成分|安全性と効果の特徴を調べてみた!

ベルブランはニキビ跡のシミ改善と対策ができる美容液として楽天市場ランキングでも上位で口コミでも評判です。

そんなベルブランの成分は安全な成分が配合されているのでしょうか?ニキビに悩まされているわけですから成分の刺激性などについても気になりますよね。また、ニキビシミに悩まされているわけですから効果についても気になりますよね。

この記事ではベルブランの成分とニキビへの効果について紹介していきますね。

ベルブランの全成分

まず初めにベルブランの全成分を紹介していきます。


ラネキサム酸、グリチルリチン酸2K、ヒドロキシエチルセルロース、キサンタンガム、BG、濃グリセリン、カルボキシビニルポリマーアルギニン、”POE(40)硬化ヒマシ油、1,2-ペンタンジオール、水添大豆リン脂質、天然ビタミンE、ステアロイルフィトスフィンゴシン、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸ヒアルロン酸Na-2、エクトイン、油溶性甘草エキス、水溶性コラーゲン液-4、加水分解コラーゲン末、アーティチョークエキス、アセチルチロシン酢酸チロシン、牡丹エキス、カッコンエキス、プルーン酵素分解物、テンニンカ果実エキス、3-O-エチルアスコルビン酸、シルバーバイン果実エキス、セイヨウオオバコ種子エキス、アマチャヅルエキス、スターフルーツ葉エキス、セイヨウナシ果汁発酵液、カンゾウ葉エキス、党参抽出物加水分解液、アルピニアカツマダイ種子エキス、カモミラエキス-1、フェノキシエタノール、精製水


これらの中でベルブランの主成分となる成分とニキビシミへの効果について紹介していきます。

ベルブランの代表成分とされるのが、

  • 油溶性甘草エキス
  • トラネキサム酸

といった2つの成分です。

これらの成分は人間の肌の基本機能である細菌が体内に入り込むのを防ぐ機能を無くしてベルブランを浸透させ、美肌にする効果があります。

細菌が体内に入り込むのを防いでいる皮膚は、たとえ体に良い成分であったとしても体内に入り込むのを防いでしまっているのです。つまり、ベルブランが体内に浸透させるのを防いでしまっているわけですね。

そこでベルブランに配合されている油溶性甘草エキスの出番です。油溶性甘草エキスはナノ化されているため皮膚に入り込みやすいのが特徴です。その油溶性甘草エキスが肌に浸透し、その他成分が浸透しやすくなるよう道を作ります。

そしてトラネキサム酸が肌の奥まで入り込むことでシミへの効果を発揮します。

また、油溶性甘草エキスとトラネキサム酸はシミの予防効果も期待できますので一石二鳥ですね!

油溶性甘草エキスは肌の奥に他の成分を入り込むのを助けてくれる効果があるということをお伝えしましたが、これはベルブランの成分だけに限った話ではありません。ベルブランはブースター型美容絵駅と呼ばれるタイプの化粧品で、ベルブランを使用した後に使用する美容液などの浸透効果を高めることが出来るのです。

ベルブランの成分の安全性

ベルブランはニキビ肌へ使用する訳ですから刺激や安全性についても気になりますよね。

ベルブランでは以下の成分が不使用で作られています。

  • 紫外線吸収剤
  • 動物性原料
  • 合成香料
  • タール系色素
  • パラベン
  • シリコン
  • 石油系界面活性剤
  • 鉱物油

これら成分が配合されている美容液をニキビ肌に使ってしまうと、肌荒れを起こす可能性がありますので、ベルブランは安心ですね!

ニキビには一番良くない乾燥を防ぐためにもセラミドやコラーゲンやヒアルロン酸などがたっぷりと配合されています。